デパスの代わりとなる薬をご紹介します。薬は自分の体質や症状をよく理解して選ぶのがポイントです。

万能薬のデパス

デパスの代わり

注意

2016年9月、厚生労働省から「麻薬及び向精神薬取締法施行規則の一部を改正」が発表されデパス、エチゾラム、ゾピクロンが向精神薬に指定され、個人輸入が禁止されました。

デパスは一般名はエチゾラムと言い、神経に作用する薬です。ベンゾジアゼピン系の抗不安薬で名称で主成分でもあるエチゾラムは、強い抗不安作用と筋弛緩作用があり、そして神経の興奮、不安を抑える効果があることから不眠症にも効果があります。また高血圧症や十二指腸潰瘍、筋骨の不具合まで効果があり、万能薬として様々な医療現場で使用されています。デパスのジェネリックにエチラームがあります。こちらもとても人気の抗不安薬です。

デパスの代わり

デパスの効果

デパスは日本の田辺三菱製薬という会社が開発した薬です。 多くの症状に効果があることから、万能薬と言われていて国内外問わず支持を得ているお薬です。

主な用途

    ・抗うつ作用
    ・睡眠薬
    ・精神安定剤
    ・筋弛緩作用
    ・抗不安作用

などの症状に対して効果があることから、病院などにおいては精神科、神経内科、脳神経外科など幅広い科目で処方される場合があります。 その他の科でも病院などによっては処方される場合があります。 ベンゾジアゼピン系に該当するデパスの有効成分はエチゾラムという成分で、様々な状態において「リラックス」する効果があります。

筋肉の緊張をほぐす・神経のリラックスから眠くなる・けいれんを抑えるなどの作用があり、日頃から心配性な人や、緊張や不安から身体がガチガチになってしまいがちな人にとってはとても重宝されています。 とても人気が高く多くの人から支持を得ている薬ですが、必ずしも処方してもらえるわけではありません。 医師が必要と判断して初めて処方されるのが常識です。

ところがここ5年程度で海外医薬品の個人輸入という方法で自己責任のもと入手する人が急増しました。 病院処方だと2週間分や10日分など細かく薬をもらいに行かないといけませんが、個人輸入だと1ヶ月以内の用量であれば一度に輸入することができるので非常に便利だという噂や口コミが広がりあっという間に利用する人が増加しました。

通販で購入する場合デパス(先発薬)だけではなく、低価格で購入できるジェネリック医薬品(後発薬)も入手することができますが、それもまた国内外問わず支持を得る理由になります。 そして人気が高い薬なだけに、ジェネリック医薬品の種類も多く存在していますが、突如2016年にエチゾラムの成分を含むすべての薬は輸入禁止となってしまいました。

これは、国内で医師から処方をしてもらうことはできますが、通販では購入することができないということです。
ここでは人気デパスの輸入禁止の理由やデパスの代わりとなる薬についてご紹介していきます。

個人輸入禁止のデパス

個人輸入禁止のデパス

デパスは吉冨製薬(現在の田辺三菱製薬)が開発しました。1983年に承認され、翌年の3月から一般に処方されるようになりました。当時から注目を集めた精神安定剤(抗不安薬)・マイナートランキライザーで、国内及び海外でも一躍人気の薬となりました。それから特許が切れる1994年以降、各製薬会社がこぞってジェネリック医薬品の開発を開始しました。

  

代表的なジェネリック

      ・エチラーム
      ・エチカーム(後に「エチゾラム・トーワ」)
      ・パルギン(後に「エチゾラム・フジナガ」)
      ・デゾラム
      ・エチゾラム・アヘル
      ・エチゾラム・オーハラ
      ・エチゾラム・EMEC
  

などが有名どころです。
それから20年以上に渡ってデパスやそのジェネリック医薬品はうつ病や不眠症で困っている人から支持を受け続けていました。効果的な薬であるにも関わらず、どうしてデパスは個人輸入の規制になってしまったのでしょうか?

それは、デパスの素晴らしい効果が原因とも言えます。本来、抗不安薬として開発されましたが、うつ病や不眠症以外にも効果があると話題になり、そういった話題から服用するジャンルの幅が急速に拡大していきます。向精神薬として服用する人もいれば、筋弛緩作用を目的として服用する人も増えてきます。そうした様々な症状において効果を発揮することから「万能薬」と呼ばれるようになり、さらに注目を集めることになりますが、向精神薬としての服用こそが輸入規制のきっかけとなっていきます。

向精神薬とは「脳に作用する薬」の事です。しかし、デパスは向精神薬ではありません。デパスが属するベンゾジアゼピン系という薬は、ワイパックス、ソラナックスなどの抗不安薬、ハルシオン等の睡眠薬と同系の薬で、向精神薬ではありません。しかし、なぜデパスが向精神薬に指定されたのでしょうか?その背景には乱用、依存の問題がありました。「デパスを服用する事が止められない」という方がとても多く、そして乱用者も後を絶ちません。という事から厚生労働省が重い腰を上げデパスを向精神薬に指定し、個人輸入を禁止するという運びになりました。

デパスとルネスタ・ソナタ

人気があり、世界中の幅広い年齢層から支持されていたデパスが輸入規制の対象になったことで、デパスの代わりにどういった薬が良いのか?と話題になりました。
たくさんの種類がある睡眠薬が存在する中で、デパスの代わりとなりうる薬として注目をされているのがルネスタソナタです。
ルネスタは比較的長い歴史を持ちますが、ソナタはわりと新しめの薬です。安定の支持のルネスタと人気急上昇中のソナタといった感じでしょうか。
ルネスタやソナタはどちらも輸入規制の対象にはなっていないため、変わらず通販で購入する事ができます。
デパスが輸入禁止になった今、デパスの代わりとして不眠症の人の悩みを解消していくのはルネスタとソナタであると言っても過言ではありません。

デパスとルネスタ・ソナタ

デパスを長期間服用してきた人にとってはデパスが輸入規制になってしまったのはとてもツラいと思います。ただ、落ち込んでも何を言っても法律が変わってしまった以上は、もうデパスを通販などで購入することはできないのです。

デパスを長期的に服用していた人におすすめしたいデパスの代わりはルネスタです。
ルネスタは非ベンゾジアゼピン系の有名なアモバンという薬を改良した睡眠薬です。
アモバンも今回の規制の対象となってしまった薬ですが、安全性がとても高く、依存性も少なく安全に服用できると評判の睡眠薬です。

そして睡眠薬としてではなく抗不安薬としてデパスを使用していた人に、デパスの代わりとしておすすめしたいのがソナタです。ソナタもアモバン同様に非ベンゾジアゼピン系の薬です。主成分のザレプロンが脳内に作用してGABAを増加させ、興奮や緊張、不安などをまとめて抑えてくれるので、抗不安薬としても使用できます。ソナタはさらに睡眠導入剤としての評判も高く、不眠症の入眠障害に該当する人なども服用することができます。重度の不眠症には効果がないものの、軽度の不眠症である入眠障害などには十分に効果を発揮し、睡眠の質を上げる作用があります。

そんなご紹介をしたルネスタとソナタは通販で購入する事ができますので、デパスの代わりをお探しの方にはとてもおすすめです。

ルネスタ、ソナタは通販で購入する事ができます。

通販でしたら、価格も抑えて購入する事ができます。通院する時間がない、また通院している所を誰かに知られたくないという人は通販を利用した方がいいでしょう。不眠症の大きな要因の1つにストレスがあります。無理なスケジュールを組んでストレスを溜めて通院するのは、あまりオススメできません。なるべく時間と負担を掛けないで不眠症は治療する事が一番いいです。不眠症で眠れない日々が続くとそれだけで生活に活力はなくなり、集中力もなくなり、仕事のミスなどにも繋がり、ストレスを感じ、不眠というサイクルを繰り返し、生活に支障をきたします。

そして何よりも苦しい事は不眠症の辛さをあまり理解してもらえないことです。通販は家にいながらお薬を購入する事ができます。なるべく自分に無理なく、ストレスを掛けずに不眠症の治療を行う事ができます。

  

その他のデパスの代わりとなる薬

  

デパスの代わりとしてルネスタやソナタをご紹介しましたが、他にもバスピンやセディールといった比較的新しめの薬もデパスの代わりとして十分に効果があります。 ソナタやルネスタをでデパスの代わりとして服用してみてけど、効果が今一つだったという人には是非このセディールやバスピンを試してみて欲しいです。

  

セディール
セディールの有効成分は※タンドスピロンで、この成分は人間の脳内に存在しているセロトニン受容体に対して作用します。抗不安薬として用いられることの方が多いですが、そもそも脳内の神経物質が頻繁にやり取りがされることで緊張や不安といった状態に陥ります。そのような状況下においてセロトニン受容体対し有効成分を作用させコントロールすることは心身をリラックスさせ眠りにつきやすい状況を作るということなのです。

    タンドスピロン (tandospirone) はアザピロン系の抗不安薬の一種。セロトニン5-HT1A受容体作動薬。クエン酸塩が商品名セディール (Sediel) として、日本・中国で発売されている。
    心身症からくる不安・緊張・抑うつ・睡眠障害および、自律神経失調症や神経症などに適応がある。しかしながら、効果の発現には時間がかかり、2~4週間程度が必要とされる。代表的な抗不安薬であるベンゾジアゼピン系薬剤と比較して筋弛緩作用や依存性などの有害事象が少なく、高齢者に使いやすい。

    参考文献:タンドスピロン - Wikipedia
  

バスピン
バスピンは抗不安薬として服用される機会の方が多いバスパーという薬のジェネリック医薬品で※非ベンゾジアゼピン系に該当します。   

バスピンを服用することでドパミン(ドーパミン)やノルアドレナリンの働きを活発化させて不安や緊張という感情を軽減してくれる働きがあり、心配性の人などは比較的スムーズに眠りにつくことができます

    非ベンゾジアゼピン系(ひベンゾジアゼピンけい、nonbenzodiazepine) は、ベンゾジアゼピン様(benzodiazepine-like)薬とも呼ばれ、ベンゾジアゼピン系に似ていないか全く別の化学構造にもかかわらず、薬理学的にベンゾジアゼピン系に類似し、よく似た有用性、副作用、危険性のある、向精神薬の種類である[1][2]。精神科の薬として用いられる。日本で販売されているゾルピデム(マイスリー)、ゾピクロン(アモバン)、エスゾピクロン(ルネスタ)は、薬事法における習慣性医薬品に指定されている。海外ではザレプロン(英語版)(商標名ソナタ)も市場にて販売されている。

    参考文献:非ベンゾジアゼピン系 - Wikipedia
  

ソナタやルネスタ以外にもデパスの代わりとなる薬というのは存在しています。こんな症状にはこんな薬が良い!という目安となるものはあるものの、服用する人の体質やライフスタイルによって相性の良い薬というのがありますので、現状自分の相性の良い薬が見つかっていないという人は、自分に合った薬を探すことから始めてみては如何でしょうか?


デパスの代わりになるお薬をご紹介していますが、これらは代表的なお薬というだけで、他にもデパスの代わりになりうる薬は多く存在します。 そのデパスの代わりになるであろうお薬に関しては、上記で紹介したようにネット通販で購入することができるので、デパスの代わりとなるお薬と出会っていない人はインターネットで是非探してみてください。 それぞれ特徴を正しく理解することで、自分の症状に対して適しているか分かります。

不眠症の治療は早い越したことはないので、少しでも自分が不眠症なのではないか?という人は詳しい症状をもとに調べてみることをおすすめします。 睡眠は人にとってとても重要な役割を果たしていて、睡眠がしっかりとれないと身体の様々な部分に異変を起こします。 毎日生活をする上での基盤となることですので、軽視せずにしっかり自分の身体と向き合うようにしましょう。