友人のメンタルヘルスが心配!うつになる前に手を差し伸べる

うつ病の問題

精神的なことで病気になったり、悩んで日常生活に支障をきたしてしまう症状を総してメンタルヘルスと言います。
代表的な症状でうつ病、パニック障害、強迫性障害などがあります。
メンタルヘルスですが精神的な事の健康面で考えられていますが、身体的要因と精神的要因があります。
まずうつ病ですが、症状としては不安感、緊張、喪失感、脱力感、不眠感などがあげられます。
精神的要因とは性格もあるのですが、まじめで責任感の強い人ほどなりやすいと考えられています。
まじめな人や責任感の強い人はミスに対して人一倍敏感で些細な事でも他の人に比べて悩んでしまうのです。
自分ではあまりわかっていなくてもだんだんとうつ症状が出てきてしまい、最終的には日常生活にも使用をきたしてしまう時もあります。
自分はうつなんかでは無いと考えてそのまま放置してしまうとさらに状態は悪化してしまいます。
身体的要因でのうつは病気、環境などでなってしまいます。
女性の場合女性ホルモンの変化に伴い、症状は出やすく更年期障害などでなってしまう方が多いです。
そして甲状腺機能の異常などでもなりやすく、甲状腺の異常は出産後などに大変なりやすく急激な女性ホルモンの変化などがかかわっています。
メンタルヘルスはうつ病以外にも様々な症状がありほとんどカウンセリング、治療薬での治療方法となります。
カウンセリングの場合、医師やカウンセラーなどに相談し自分の症状などを見極めます。
最近では精神科、心療内科、など昔に比べると足を運びやすい環境になってきました。
以前はメンタルヘルスに多大な偏見があり、中々他人に相談しにくい環境でした。
SNSの普及や、インターネットなどにより情報は手に入れやすくなりメンタルヘルスに対しての偏見も少しずつ解消されております。
しかし未だ差別的な目で見てしまう考えのひともおり中々病院へ行きにくいという方も多数おられるのも実状です。
自分は決してうつ病ではないなどと、症状が出てるにも関わらず放置していると最悪な結果を招く場合もあります。
何よりも自分の体、自分の気持ちが大事です。
もし悩んでるようであれば一刻も早く治療を受けるのが先決です。
今ではインターネットなどでも治療薬が買える時代です。
他人に相談しにくいようであれば、調べてみる価値はあるでしょう。