友人のメンタルヘルスが心配!うつになる前に手を差し伸べる

心の健康の重要性

メンタルヘルスとは、人の精神の活動に関わる心の健康状態を現す言葉であり、主に精神への負担となる事柄は過労や心労になり対人関係による摩擦や悩みといった事で蓄積されていき解消されない事で不全状態に陥り、代表的な心の病としてうつ病をはじめその四割の方が合併症として不安障害等の異なる精神疾患を併発いるとされ、うつ病や不安障害等の精神疾患以外にもWHOでも心の健康の定義はこういった疾患にのみならず、自己実現を可能にし共同体に実りがある貢献ができ、またそれが十分整えられた状態である事だとしています。
またこういった事は基本的な人権の一つであるとも考えられ、限りなく最大に享受する事を必要とし目的とする事から精神保健法が制定されており、人権を無視する事無く配慮しつつの治療やまたはその予防、または共同体である社会への復帰や回復、そしてメンタルヘルスを維持する事あるいは増進する事が宣言されています。
うつ病や不安障害等の疾患は本人にとっても辛い事であり、また社会的な負担であるとされ生産性を低下させるだけでなく失職や病欠を繰り返す等の大きな問題へと繋がり、高ストレス社会と言われる日本では任意の報告で成人の人口の約10%がまた中等程度の症状までを対象にし就業年齢の人口に対しては15%もの方が何かしらを罹患しているとされ、未だに国内外を問わず医療の制度においては重点が置かれず低い状態であるので精神への医療が成果に繋がっているのかまたはその質を向上させる事が出来ているのかを正確に把握する事が出来ないと言われています。
また自己でもメンタルヘルスを損ねない適切な対処法を覚える事も予防の意味では重要となり、精神において肯定的な状態を作り出す事あるい認知の機能を維持する事は健康を実現する上では大切な事であり、年齢が低ければ低い程、理性や感情がぶつかり合う事も多いはずですが人として成熟する事で負担を減らす事にも繋がるはずです。