不眠症を引き起こす原因や症状、また不眠症の治療法など詳しくまとめています。睡眠薬を使用しないで行える治療法なども紹介しています。

不眠症の種類と原因

不眠症の種類と原因

不眠症とは

不眠症とは睡眠障害という大きなカテゴリの中の1つの症状です。眠れない事が全て不眠症という訳ではありません。不眠の原因は主に環境、生活習慣によるもの、そして精神的な事など様々あります。不眠症の代表的な症状は入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠感欠如と4つの症状があります。入民障害は床に就き30分以上経っても眠れない、中途覚醒は睡眠途中で目が覚めて、その後なかなか寝付けない。早朝覚醒は起床時間の2~3時間前に目が覚めてしまう。熟眠感欠如は熟睡できない、または眠った気がしない。等といった症状です。

日本人の約5人に1人が不眠の悩みを抱えており、年々、不眠症患者は増加しています。たかが、不眠症とは思いますが、このまま不眠症を治療せずに放置しておくと高血圧や糖尿病のリスクは上昇していきます。また不眠によりうつ病を発症してしまう可能性もあります。

不眠によりうつ病を発症してしまう可能性も

そして仕事や学業の面に置いても、不眠症の人は疲労感、集中力の低下が著しく見られます。仕事でもミスが増えたり、学業面では成績が下がったりなど影響が出ます。不眠症は自覚症状がなく、現在は「かくれ不眠」と呼ばれる不眠症の自覚がない人が多くいます。かくれ不眠とは慢性的な不眠ではなく、専門的な治療をする必要はないけれど、睡眠に悩みを抱え、日常生活に影響がありながらも睡眠の重要性に対して認識が低い人の事を指します。

不眠症の種類

入眠できない、または眠りを維持できない事を不眠症といいます。他にも眠ってはいるが起床時に寝た気がしない、途中で何度も目が覚める、起床予定の時間よりも早く起きてしまう、等があります。不眠症の原因は体調からくる不眠、時差ぼけなどの環境からくる不眠、ストレスからくる心理的な不眠、アルコールの過剰摂取による不眠など様々あります。

不眠症の種類

ここ最近では不眠症で悩む人が急激に増えています。パソコン、スマートフォンの普及で世の中はどんどん便利になっていきます。しかし、便利になってゆくのと比例し「テクノストレス」と呼ばれる、不眠症が急激に増加しています。パソコンやスマートフォンの画面から出るブルーライトが、脳に刺激を与え、疲労してしまう事により起こる不眠症の一種です。

以下が代表的な不眠症の症状となります。

入眠障害

布団に入り、寝付くまでに30分~1時間以上掛かるタイプです。

中途覚醒

睡眠中に何度も目が覚めたり、一度起きた後に寝付けなくなる。

早朝覚醒

予定時間よりも2時間以上前に目が覚めてしまう

熟眠障害

睡眠時間を十分に取ったのに熟眠感が得られない

自分はどの不眠症の症状か確認してみましょう。症状に合わせた睡眠薬を使用するようにしましょう。

不眠症になりやすい人

不眠症になりやすい人

不眠症になりやすい人となりにくい人といます。人の性格が大いに関係してきます。特に不眠症になりやすい人は生真面目な人、繊細な人、神経質な人、などがあげられます。このような人たちは色々な事を悩み、ストレスを感じ寝付けなくて、また寝付けないことをストレスに感じると言った悪循環を呼びます。

それに対して楽観的な人は不眠症にはなり難い人と言われる傾向があります。また環境によっても不眠症になりやすい人となり難い人が出てきます。仕事がデスクワークの人は比較的に不眠症になりやすい傾向があります。それは肉体的な疲労がないために、基本的に睡眠の質は落ちてしまうからです。睡眠の質を上げるには肉体的な疲労が多い場合がいいのです。なのでデスクワークがメインの人は少しでも仕事の行き来などを工夫して体を動かすようににましょう。例えば、エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使ってみるなどの工夫をした方がいいでしょう。

不眠症を引き起こす主な原因

不眠症を引き起こす主な原因

薬理学的要因

服用している薬やアルコール、カフェイン、ニコチンなどが原因で起こる不眠です。代表的な薬で抗がん剤、ステロイドなどがあります。また降圧剤、アレルギーの薬でも起こることもあります。飲酒、喫煙、カフェイン摂取は注意で制御できるので、なるべく寝る前の摂取は控えるようにしましょう。

心の要因

精神や神経の病に不眠が伴うことは極めて多く、不安、抑うつなどがあげられます。うつ病と不眠症が併発する事は少なくありません。不眠症を患うと、睡眠時間が満足に取れないので、常に疲労感があり、それが原因で憂鬱な気分が続き、うつ病を引き起こします。対策としては睡眠薬を使用する、または精神科を受診するなどがありますが、自分の生活習慣を改善する事で良くなったという事例も数多くあります。

生活習慣要因

不眠の原因の1つに体内時計の乱れがあります。体内時計を乱す要因とも言われるぼが、食生活の乱れ、運動不足などが上げられます。早起きをして1日3食をバランスの取れた食事を決められた時間に食べ、生活のリズムを戻しましょう。そして、適度な運動を行う事で程よい疲れが質のいい睡眠を促します。激しい運動は返って逆効果なので、適度な運動を定期的に行うようにしましょう。以上の事を見てもらえば分かるように、不眠症と生活習慣は密接に関係していることがわかります。不眠は心身ともに悪影響をもたらします。

不眠は心身ともに悪影響をもたらします。

不眠症の治療法

不眠症の治療法は主に薬物療法と非薬物療法の2種類あります。主に不眠症の治療は睡眠薬を使用する薬物療法が一般的です。

薬物治療法

症状に合わせた睡眠薬を使用し治療する方法です。睡眠薬の効果の長さや、不眠のタイプに合わせ使い分けられます。現在、薬物療法の主流となっているのは、より副作用が出ない安全性が認められている非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬です。この系統の睡眠薬は副作用も少なくとても安全に使用できます。また治療効果も高く不眠症はかなり改善されます。また睡眠作用のほかに筋肉を弛緩させる効果もあり、緊張を解消、そして心身の不安を取るための抗不安作用もあります。

薬物治療法

非薬物療法

光療法があります。乱れた体内時計をリセットするのが目的の治療です。人間の体内時計は太陽の光によりリセットされ生体リズムを整えます。光療法で朝の太陽を再現し浴びる事で体内リズムを正常にする事を治療目的に開発された治療法です。高照度光2500ルクス以上の光を一定時間に照射し、望ましい睡眠時間帯に矯正します。睡眠の時間帯がずれている不眠症患者さんの治療などに用いられます。睡眠の専門の医療機関などで実施されています。

また認知行動療法も非薬物療法です。メリットとして薬物投与がないので副作用を心配する必要がありません。薬による治療は即効性があり治療効果も高いものですが、長期服用による依存でやめられなくなった、また耐性により薬が効かなくなるという事もあります。睡眠認知行動療法の考えとして、不眠は睡眠に対する認知の癖により発症されるという事を基に考えられた治療法です。専門の医師とカウンセリングを繰り返し、睡眠に対しての認知の癖を解消していきます。

非薬物療法

ただ、こちらの治療法は向き、不向きがあり向いて無い人には一向に癖が取れないとも言われています。またカウンセリングをしている医師との相性などとかそういった事もあり、あまりお勧めはできない治療法です。不眠症にはデパスなどの睡眠薬を使用した治療が一番効果的です。通販ルネスタソナタなどの睡眠薬は気軽に購入する事はできます。睡眠薬があると思うだけでも、心は安心して快眠に繋がります。お守り的な意味合いでも常備しておく事をお勧めします。