ルネスタの効果で不眠症を改善。超短時間型の睡眠薬です。

ルネスタ

ルネスタの効果

ルネスタとは

ルネスタは非ベンゾジアゼピン系の超短時間型の睡眠薬です。日本国内では多くの不眠症に悩む人から支持を受けています。ルネスタは別のベンゾジアゼピン系の薬を改良することで、開発、製造された比較的新しめの薬で、具体的に改善された点は、味覚の異常を感じにくくなったことや効果が切れたときの倦怠感などが現れにくくなった点、総合的に副作用が軽減されたことなどが上げられます。実際にベンゾジアゼピン系の睡眠薬を服用していた人がルネスタに薬を鞍替えする人というのも少なくないことからも人気があることが伺えます。
また、ルネスタは日本国内で製造されているため、そもそもが日本人向けに開発されています。日本人研究者が日本人が服用することを前提とした睡眠薬のため多くの日本人の体質や生活にも適している睡眠薬と言えます。日本で開発されているというだけでも何か安心できるようなイメージですよね。      

ルネスタの効果

ルネスタは超短時間型の睡眠薬で、デパスが輸入規制の対象となった今、とても人気があります。ルネスタを服用してから、効果を実感できるまでの時間は15分程度とされていて、ベッドに入る前に服用すれば横になってすぐに身体に対して作用してくれます。ルネスタの作用持続時間は6時間程度で、超短時間型の睡眠薬に分類されます。不眠症の中でも「入眠障害」で悩む人にとても適していて、ベッドに入ってからなかなか寝付けないという人にはとてもおすすめです。

効果の特徴
睡眠薬と言っても、どちらかと言うと睡眠導入剤に近いです。
入眠障害に適しているが、睡眠状態を維持しようとする効果もある。
睡眠薬としての効果の他に抗不安作用や筋弛緩作用もあるが比較的弱い。
依存性が少ないため、安心して服用できる。
非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬であり、効果や作用は穏やかで身体に対しての影響は極力軽減されている。

また、睡眠薬を服用した翌朝の体調についても、効果のキレ(切れ)が良いとされていて、不快感や倦怠感といったものを残しません。前日にスムーズに眠りにつけたことで、質の高い睡眠ができ、疲労回復や睡眠時に放出ホルモンなども正常に分泌され、ストレスの軽減もできます。
ルネスタの効果は人の生活サイクルに対して適している部分というのが多く、通販で購入することができるという点でも非常に人気の理由です。   

ルネスタの服用方法

ルネスタの服用方法

ルネスタは正しく服用する事が大切です。なるべくですが、空腹時に服用する事が大切です。胃の中に食物が残っている状態だと、血中濃度が上がり難くなり、薬の効果を引き出す事が困難となります。この事からも食事はなるべく早い段階で済ませておくようにしましょう。

ルネスタは超短時間型の睡眠薬です。「飲んだらすぐに寝る」事がなによりも大切です。寝る準備をすべて終わらせ、もう後は寝るだけという状態になってから、服用しましょう。服用においての注意点として、長期間の服用の場合は急に服用は中止をしないようにしましょう。急に薬を服用をとめると離脱症状があらわれる事が多くあります。せっかく改善されていた不眠症が悪化する恐れがあるので、長期的に服用していた場合、薬をやめる時は徐々に薬を減らしやめるようにしましょう。短期間の服用でしたら、心配はいりません。

ルネスタの副作用

ルネスタの副作用

ルネスタは特に副作用の少ない薬としても知られています。非ベンゾジアゼピン系の薬は副作用をより少なく改良され製造されています。副作用の発祥率も7%と極めて低い数値です。副作用が気になる人はルネスタを使用する事をお勧めします。ルネスタは安全な薬ですが、全く副作用がないというわけではありません。ルネスタを服用して、すぐに床に就かずにいると健忘を起こしたり、夢遊病の一種である、睡眠時遊行症を引き起こしたりする可能性があります。そして、気になる依存性と耐性についてですが、基本的に起こしにくい薬ですが、全くないという訳ではありませんので、その辺は注意が必要です。

また人により、ルネスタを服用すると若干の苦味を感じる場合があります。しかし、この苦味については多少の個人差はあります。1日中、苦味を感じる人もいれば、そこまで苦味を感じない人もいます。苦味が体に悪影響を及ぼす事はありませんので、気にする事はありませんが、苦味に対し我慢できない人は医師、または薬剤師に相談するようにしましょう。

以下が報告されている副作用です。

  • 脱力感
  • 早朝覚醒
  • 苦味(味覚異常)
  • 健忘
  • 睡眠時遊行症

重篤な副作用はありませんが、もし副作用を強く感じる事があるようでしたら、医師、薬剤師に相談するようにしましょう。またアルコールとの併用は避けるようにしましょう。アルコールの成分がより強い副作用を引き起こす可能性があります。

ルネスタを通販で購入

ルネスタを通販で購入

ルネスタを購入するには病院での処方してもらうか、通販で購入するかの2通りしかありません。病院での処方となると通院という手間があります。それに診察料もかかってしまいます。そして病院までの交通費も考慮すると結果的に費用が多く掛かってしまいます。少しでも費用を抑えてルネスタを入手したいならば通販を利用する事をオススメします。通販でしたらルネスタの他にソナタも購入する事ができます。まとめて購入する事で費用を浮かす事ができます。

そしてルネスタを処方してもらえる医療機関は心療内科や専門のクリニックですが、大体が予約制です。人気のクリニックなどであれば、予約を取る事でさえ、とても困難です。しかし、通販を利用する事でこういった手間も省くことができるのです。デパス個人輸入禁止となり、ルネスタはデパスの代替薬として使用している人が多くいます。薬の効きなどは個人差、相性などがあります。もし、気になるようでしたら、通販サイトの口コミや体験談を参考にしてみるのもいいでしょう。

不眠の原因をしっかり熟知し、自分に合った睡眠薬を使用し、解消していきましょう。

そして不眠の原因をしっかり熟知し、自分に合った睡眠薬を使用し、解消していきましょう。不眠症はしっかりと治療をする事で完治する病気です。まずは色々と睡眠薬を試してみて自分に合った睡眠薬を見つけましょう。快眠をする事で生活に活力を取り戻せるはずです。