睡眠薬の種類やタイプによって効果や持続時間は異なります。自分の体質や症状に適した睡眠薬を正しく服用しましょう。

睡眠薬の種類に満足な男性

睡眠薬の種類

健康維持のためには睡眠はとても重要です。心身の疲労回復、免疫機能の強化、などといった役割があります。快適な睡眠を取る事は、健康的で活力のある日常生活へと繋がります。睡眠薬はその快適な睡眠へのサポートをするお薬です。

睡眠薬の種類~成分~

睡眠薬の種類は成分によって分別

睡眠薬は成分や効果によって3種類程度に分けることができます。それぞれの特徴や効果を正しく理解して、自分にあった睡眠薬を服用するようにしましょう。

バルビツール酸系

一昔前、主流となっていた睡眠薬の種類です。脳に直接、強く作用し睡眠効果はあるのですが、副作用として呼吸器などにも影響がある事が分かり、今はあまり使用されていません。

ベンゾジアゼピン系

現在、主流となっている睡眠薬です。強制的な効果はなく、自然な状態で睡眠を促します。副作用に関しても抑えられた作りとなっているので、安心して使用する事ができる睡眠薬です。デパスが有名です。

非ベンゾジアゼピン系

ベンゾジアゼピン系より、即効性がある睡眠薬です。副作用もより軽減されていて、こちらも安全に使用する事ができます。系統により効果が表れるまでの時間、効果の持続時間など違いがあります。そして薬には相性というものがあり、人により効果の出方なども違ってきたりします。薬の成分により睡眠薬のタイプも様々あります。短時間で効果がなくなるタイプ、長時間、効果が持続するタイプなどあります。自分の不眠にあった薬を服用するようにしましょう。代表的な薬にルネスタソナタがあります。

睡眠薬の種類~時間~

睡眠薬の種類は時間によって分別

睡眠薬には、効果の作用時間によっても以下のように分類されます。

超短時間型

超短時間型は、薬の効果が大体2時間から4時間程度で半減していく比較的弱めの睡眠薬です。 服用してから15分から30分くらいで薬の効果が現れるので、寝付きが悪いという悩みを持つ人には適した睡眠薬と言えます。 夜中、いきなり目覚めてしまう「中途覚醒」と言われる症状を持つ人には不向きです。 薬の効果が持続する時間が非常に短いため、翌日への影響もほとんどなく、大半の人が翌朝すっきりと目覚めることができます。 また、3時間から4時間程度の仮眠をするという場合に服用することも可能です。 超短時間型の睡眠薬は睡眠導入剤と混同されがちですが、別物ですので気を付けましょう。 また、超短時間型の睡眠薬は、他の睡眠薬に比べて負担は軽いので初めての人でも安心して服用できるという点で、支持を集めています。

主な睡眠薬
ゾピクロン(アモバン)
エスゾピクロン(ルネスタ)
ザレプロン(ソナタ)
トリアゾラム(ハルシオン)

短時間型

短時間型は、薬の効果が大体6時間前後で半減していくタイプの睡眠薬です。 超短時間型と同様で寝つきが悪い人にももちろん適していますが、他にも寝付いてから眠りの浅い状態(レム睡眠)の状態が長い人にも適しています。 せっかく寝付いても、深い眠りにつく前に効果が半減していてってしまいすぐに起きてしまうといった経験がある人は超短時間型よりも短時間型がしっくりくると思います。 毎日の睡眠時間が6時間から8時間前後の人にはちょうど効果が持続し、朝も眠気を引きずることは殆どありません。 一方仮眠をする際には不向きで、疲れていたりすると起きなければいけない時間を過ぎてしまったりするので注意しましょう。

主な睡眠薬
ロルメタゼパム(ロラメット・エバミール)
ブロチゾラム(レンドルミン)
リルマザホン(リスミー)

中時間型

中時間型は、大体12時間から24時間程度で効果が半減していくタイプの睡眠薬です。 翌朝まで効果が持続するので、明け方に目覚めてしまう「早朝覚醒」に悩む人に適しています。 効果も強く良く眠れるので、深くぐっすり眠ることができるという点はとても良いのですが、油断すると寝すぎてしまったり、起きてもしばらく眠くてボーっとしてしまうということもあるので、服用する際は注意が必要です。 睡眠する時間を長めにとっておくことや、早めに服用するなど薬の効果の持続時間を正しく理解して、上手に付き合うことが大切です。

主な睡眠薬
二トラゼパム(ネルボン・ベンザリン)
フルニトラゼパム(サイレース)
二メタゼパム(エリミン)
エスタゾラム(ユーロジン)

長時間型

長時間型は、現在世の中に流通している睡眠薬の中でも効果が強く、長い時間にわたって効き目がある睡眠薬です。 効果の持続時間としては24時間以上ですが、薬によっても違いますし、服用する人間の体調や体質によって異なるなど個人差があります。 効果が強い薬のため副作用などの心配もありますし、過剰摂取は重大な事故を引き起こす可能性もあるため、専門医などに相談をしてから服用する方が安全です。 24時間以上にわたって効果が持続するので、仕事の前日、自動車はもちろん重機などを操縦する予定の前日、高所で作業をする予定の前日などに服用するのは危険です。 また、初めて服用する場合にも、こうした長時間に渡って効果を持続する強い睡眠薬は不向きですので、超短時間型・短時間型のほうから様子を見ながら服用するのが賢明です。

主な睡眠薬
フルラゼパム(ベノジール)
クアゼパム(ドラール)
ハロキサゾラム(ソメリン)

睡眠薬はその種類によって効果が持続する時間が異なります。自分の症状やライフスタイルに合った睡眠薬を服用し、なるべく身体に負担をかけないようにしましょう。

人気の睡眠薬

デパス

デパス

1984年に日本で製造された抗不安薬です。主成分はエチゾラムです。短時間型の睡眠導入剤に位置します。穏やかな作用で幅広い医療分野で使用される万能薬です。特に安定剤として使用され、不安、緊張感を和らげ、落ち着かせる効果があります。神経症、うつ病にも効果的で他にもパニック障害、各種の不安障害を中心に更年期障害にも効果があります。しかし、2016年10月に薬事法の改正により個人輸入が禁止となりました。

ルネスタ

ルネスタ

非ベンゾジアゼピン系の超短時間型の睡眠薬です。有効成分はエスゾビクロンです。15~30分程度で効果が発揮されます。即効性があるので、すぐに寝付きたいという人向け用です。持続時間は大体5~6時間程度です。アモバンの改良型の睡眠薬と言われています。アモバン同様に自然に近い状態で眠り就く事が可能となっております。

ソナタ

ソナタ

非ベンゾジアゼピン系の超短時間型の睡眠薬となります。有効成分のザレプロンは溶けやすい性質で体内の吸収率も高く、短時間で効果を発揮します。寝付きも良く持ち越しの効果も少なく朝もすっきりと目覚める事ができます。またデパスのような依存性もなく、そして耐性の可能性も低いので安心して服用できる睡眠薬です。

睡眠薬の種類に満足な女性

不眠症は誰にでも発症する可能性がある病です。しかし、生活習慣を改善する事で不眠症もかなり改善致します。更には睡眠薬を併用する事で、より早い段階で治療する事ができるでしょう。良い睡眠をとるために出来る事から取り組んでみましょう。通販では24時間、いつでも注文する事ができ、口コミ、体験談なども見れるので、参考にして自分に合った睡眠薬を見つけるのもいいでしょう。一人で悩まず、医師に相談したり、通販を利用したりして、不眠症を治療しましょう。治らない病ではありませんので、安心して下さい。

睡眠薬の種類~依存性~

睡眠薬を利用する上で「依存性があるのかどうか?」気になる所です。睡眠薬と言っても種類は様々あり、その中には明らかに依存性が高いものがあります。その一つは一昔前にあった「バルビツール酸系」と呼ばれる種類の睡眠薬です。とても優れた睡眠作用を持っている反面、依存性もとても高いものでした。今でも「バルビツール酸系」の薬はありますが、極度の不眠症の人にしか、処方されません。依存性がとても高い睡眠薬と言われているので、専門家の指示の元で使用しないといけません。

現在、主流となっている「ベンゾジアゼピン系」にはデパス、マイスリー等、「非ベンゾジアゼピン系」はアモバン、ルネスタ、ソナタとなります。これらの睡眠薬の依存性の事を見てみましょう。まずは薬物依存、睡眠薬依存とはどういった状態の事をいうのでしょうか?薬物依存は2つに分けられます。それは精神依存と身体依存です。精神依存は快楽を得るために薬物を摂取したいという衝動的な欲求の現れです。

種類が多い睡眠薬の依存性に悩む男性

不安がある人が陥る場合が多いです。そして身体依存は睡眠薬を飲み続けたために「薬物が体の中にある状態が通常」という錯覚をしてしまう事です。その為に薬物の服用をやめる時に、離脱症状が発生します。例えばアルコール依存症の人がアルコールを断つ際の手のふるえは、離脱症状の分かりやすい代表例です。睡眠薬の場合、問題となるのはこの身体依存の方です。薬物を摂取するとい、呼吸や脈拍などの機能が影響を受けます。

しかし、習慣的に長期間、服用する事で身体依存が形成されると、薬が体内にある事が普通の状態であると覚え、それが正常なのだと機能されるようになります。このために睡眠薬が消失すると、様々な症状が引き起こされます。これを「離脱症状」といいます。しかし「非ベンゾジアゼピン系」の睡眠薬は依存性は低く、そして副作用も少ない、とても安全な薬です。改良に改良を重ねて作られた安全な睡眠薬なので、依存性についてはそこまで気にしなくても大丈夫です。

依存症になる理由

種類が多い睡眠薬の依存性に悩む女性

睡眠薬での依存性になるのは、身体依存、精神依存と両方ありますが、気をつけないといけないのは身体依存です。身体依存は常用量依存とも呼ばれます。「常用量依存」とは適正用量を急激な増量なしに、半年以上、継続服用している場合に起きる可能性が非常に高いです。依存症にならないためにもどこかのタイミングで服用を中止しないといけません。しかし、自己判断での断薬は非常に危険です。「1年以上の服用での離脱症状の発現率は82%」ととても高いデータがあります。長期に服用すれば、それだけ断薬時に困難が生じる確率は高まると言えるでしょう。

睡眠薬依存症の治療法

睡眠薬依存症の治療法

しかし、依存性にならないために断薬をする事も反跳性不眠(以前より眠れなくなる)、また不安、焦燥、集中力低下、不眠、のような離脱症状が起こります。現在、3つの断薬方法が考案されています。

漸減法

漸減法は現在、飲んでいる薬の量を少しずつ減らしていく方法です。減らす量に関しては錠剤を1/4にして飲むのが一般的です。

隔日法

服用期間を1日おき、数日おきというように服用するタイミングを少しずつズラしていく方法です。例えば、毎日、服用していたものを1日おきに服用するなどです。1日、薬を飲まない日など設けたりもします。

置換法

漸減法でやめられなかった人が用いる方法です。服用する睡眠薬の種類を変えてみる。例えば、効果の長いタイプの睡眠薬に変更するなどして、様子を見て再度、漸減法に切り替えていく方法です。

種類が多い睡眠薬に依存しないポイント

常用量依存にならないために大切な事は睡眠薬の服用期間を短くする事がポイントであり、そのためには生活習慣を見直し、適切な運動習慣をつける等が必要となってきます。その他に、不眠症の原因となっているものを見直します。就寝前の習慣を改善する、また睡眠の妨げとなっている問題を解決する、ストレスの解消、など様々あります。「睡眠を取り戻す努力」をやっていきましょう。そして、正しい用量・用法を守り睡眠薬は服用しましょう。不眠の原因をしっかり見極め、1つずつ解決していきましょう。そして間違っても自己判断での増量、中断はしないようにしましょう。心配なようでしたら、医師、または薬剤師に相談するようにしましょう。

睡眠薬の種類などについて正しい知識が必要

自分の不眠のタイプを知り、睡眠薬を選びましょう。薬は個人差や相性などが生じ若干、効果の違いなどは生じる場合があります。通販ではルネスタ、ソナタなどの色々なタイプの睡眠薬が豊富に揃っています。口コミや体験談を見てどういったタイプの睡眠薬なのかなど、参考にするのもいいと思います。ジェネリックも豊富に揃っているので、少しでも費用を抑えたいと思っている人は通販で購入する事をオススメします。24時間、いつでも購入する事ができます。病院への通院となると周りの目がどうしても気になってしまいます。

通販でしたら、処方箋もなしで誰にも知られずに、家にいながら睡眠薬を受け取れます。使用しなくてもそばにあるだけでも、十分に効果のあるものなので、お守り代わりとして持っておくのも十分に不眠症の治療に役立つでしょう。