ソナタは抗不安薬としても使用でき、睡眠薬としても十分な効果を発揮する大変優れたお薬です。ソナタに詳しく解析しています。

ソナタで不安解消して不眠症を治療

ソナタで不安解消して不眠症を治療

ソナタとは

非ベンゾジアゼピン系に属する睡眠導入剤です。ルネスタと同じく、超短時間型の睡眠薬に分類されます。有効成分はザレプロンです。デパスの代わりに使用している人が多く、人気の薬です。ルネスタと同様に入眠障害に最も効果を示します。寝付きが悪い方にはソナタを使用する事をお勧めします。ソナタもデパスの代替薬として多く使用されています。非ベンゾジアゼピン系睡眠薬は現在もっとも多く使われている睡眠薬になります。その理由の1つとして、副作用が少なく、効果も十分にあるという事が理由となっています。

ソナタの効果・効能

入眠障害の方にとても効果的です。有効成分のザレプロンが、脳に作用し脳神経GABAを増加させ興奮、不安、緊張を和らげ、そして快適な睡眠をもたらしてくれます。また抗不安薬としても使用する人も多くいます。GABAは脳内の神経鎮静剤として作用する神経伝達物質です。不安を軽減し、筋肉をリラックス、バランスの脳内神経活動を維持するのに役立ちます。不眠症の治療にもとても効果的です。

ソナタの効果・効能

ソナタの服用方法

水またはぬるま湯で服用しましょう。そしてアルコールとの服用は避けるようにしましょう。強い副作用を引き起こす可能性があります。注意しましょう。そして、ソナタを服用する時は完全に寝る準備が出来た後で飲むようにしましょう。超短時間型なので、10~15分程度で効果があらわれます。服用して他の事をしているとソナタの効果を逃してしまう事になります。

ソナタの副作用

比較的に非ベンゾジアゼピン系の薬は副作用の少なく、発症率もとても低いですが薬ですが、全く副作用がないという訳ではありません。

以下が報告されているソナタの副作用です。

以下が報告されている副作用です。

  • 眩暈
  • 眠気
  • 立ちくらみ
  • 筋弛緩作用

これらの副作用は服用後、1時間以内に見られるものがほとんどです。なので就寝直前に服用するようにしましょう。そして翌日の持ち越し効果も殆どありません。しかし、持ち越し効果を3日以上、感じるのであれば、用量を減らしてみるか、または医師に相談するようにしましょう。この辺は個人差が生じます。

ソナタの副作用

耐性、依存性についてですが、非ベンゾジアゼピン系は基本的に耐性や依存性が形成され難い薬です。しかし、長期に渡っての服用となると「耐性」「依存性」は多少なりに出てくるので、ある程度、注意が必要となります。長期の服用の場合は自己判断で断薬はしないようにしましょう。離脱症状により副作用が強く出る場合があります。

ソナタを通販で購入

ソナタを通販で購入

これらの非ベンゾジアゼピン系の薬は通販で購入する事ができます。通販でしたら、通院しなくても薬を購入する事ができます。通販ではインターネットの環境さえあれば24時間いつでも注文することができます。そしてソナタはまだ日本では未認可の薬なので、通販ではソナタのジェネリックしか購入する事ができません。価格も他の睡眠薬と比べても、とてもお求め安い価格となっています。病院で睡眠薬の処方となると薬代の他に診察料も含まれます。通販で購入する方が経済的です。

ソナタのジェネリック

ソナタのジェネリック

ソナタのジェネリックのハイプロン、ソナタジェネリック通販で購入しましょう。値段も安く、1錠辺り30円程度と、とてもお求め安い価格です。また抗不安薬としても使用できます。デパスの代わりに十分になる得る薬と言えます。不眠症の改善は生活習慣を見直す事で大いに改善する事ができます。それはなるべく陽の光を浴びる、しっかりと決められた時間に3食取る、夜の9時以降はなるべくカフェインの摂取を控える、寝る1時間前はパソコンやスマートフォンの使用を控える。それだけでかなり不眠症は改善されます。なるべく寝る前はリラックスする事を心がけるようにしましょう。