睡眠薬は通販で買える|不眠症改善はルネスタ、ソナタ、セディールで!

デパス、ルネスタ、ソナタの購入方法

睡眠薬を通販で購入する方法

睡眠薬は通販で簡単に購入できる

睡眠薬は病院に通い診断し処方してもらうのが一般的ですが、インターネットが普及した今は、通販で睡眠薬を購入する事ができます。2014年の薬事法の改正により一般医薬品も個人輸入代行の通販サイトでの販売が可能となりました。

個人輸入と聞くと「難しそう」「面倒くさそう」とか個人輸入だから海外から商品が来るので英語を理解していないとダメなのではないか?等と思ったりする人はいるかとは思いますが、そういった事は一切ありません。

通販サイトのホームページも全て日本語で書かれていますし、購入の仕方も大手のショッピングサイトと同じやり方でとても簡単に購入する事ができます。欲しい商品を商品カートに入れて、そしてお支払い方法を決めて、名前、住所を入力するだけで、それだけで購入する事ができます。

めんどくさい手続きなんてありません。そして、商品の到着も1週間前後で届きます。毎週のように病院に通わなくても通販サイトのお陰で簡単に睡眠薬を購入する事ができるのです。通販サイトを利用するにあたり、以下の3つの大きなメリットがあります。

  • 病院に通院しなくとも睡眠薬を購入する事ができる
  • 病院処方よりも安い価格で購入する事ができる
  • 国内で許可が下りてない睡眠薬でも購入する事ができる

※ただし、輸入規制の対象になっている薬物は除く

夜眠れないから睡眠薬が欲しいけど、病院に行くのは面倒というあなた。睡眠薬は通販でも購入することができます!

通常医師から処方される医薬品とされている睡眠薬ですが、海外から通販で取り寄せるという手段であれば医師の処方箋なしに購入することが可能です。

「通販で購入なんて法律的に大丈夫なの?」「面倒な手続きとかありそう…。」

海外から取り寄せるとなるとそんな不安を感じるかもしれませんが、『購入したものは自分だけが使う、決められた量以上は取り寄せない』という条件を満たせば、国の法律で認められている購入方法となります。

「法的に問題ないのはわかったけど、購入方法は?」

それも心配しなくても大丈夫です。
海外から取り寄せる以上は税関を通りますが、そういった堅苦しい手続きも、代行してくれる業者がいるのです。そうした通販サイトを利用すれば、普段見かけるような通販サイトと同じくらい簡単に購入できます。当サイトでは、そういった通販サイトも紹介していきたいと思っています。

ただ、いろんな通販サイトがあるので、どこがいいとか言われても初めてだと判断がつきにくいですよね。そんな方のために、最安値もしくはお得なセット品などを扱う通販サイトを厳選して、お薬も紹介していこうと思っています。

そのためには、購入して届いた物を使ってみて、その薬の感想も書いていきたいので、ちょっと時間がかかってしまいます。薬の紹介については、ちょっとずつアップしていく予定なので、今しばらくお待ちください。

通販で簡単に購入できる

現在、日本では5人に1人が睡眠障害・不眠症を抱えているという調査結果が厚生労働省から発表されています。睡眠障害・不眠症とは何か?寝つきが悪い、夜中に目が覚める、ぐっすり眠った満足感がないなどによって生活に支障をきたす事をいいます。

その生活に支障をきたす症状の中でも多いのが過眠症、入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒などです。これらの症状を解消することで快適な睡眠を取ることができますが、睡眠薬はその快適で質の高い睡眠をサポートしてくれる効果があります。

睡眠薬はあまり良くないイメージとして世間からは捉えられていましたが、医療が日々発達している現代においては睡眠薬といっても種類は多く、その種類によって特徴や強さなどの作用機序も違います。その多くの睡眠薬の中でもデパスルネスタソナタといった薬は多くの人から支持されている世界で評価の高い薬です。

   病院に通わなくても通販サイトのお陰で簡単に睡眠薬を購入する事ができる

まず病院に通院しなくても睡眠薬を購入する事ができるというのは一番のメリットだと思います。通院にかかる煩わしさを一掃できます。仕事をしている人にとっては通院する時間を工面する事は意外に大変な事です。大抵の医療機関は夕方ぐらいには閉まります。クリニックなどでしたら遅い時間まで診療はしていますが、7時ぐらいまででしょう。

業種にもよりますが、仕事といえど定時に終わる事はあまりありません。かといって休みの日を返上して通院するのもいい気分はしないものです。更に不眠症の治療で通院している事はあまり人に知られたくないという悩みもあります。

しかし、通販は24時間いつでも注文することができて、そして誰にも知られずに購入できます。通院にかかる煩わしい手間も省け、自宅で治療できます。

そして2つ目は病院で処方してもらうより料金が安いという事です。病院での通院して薬を処方してもらうとなると、診察料、検査料なども加算されてしまいます。しかし、通販で購入となると診察料も検査料などもなく、薬を購入する事ができます。しかし人によっては、病名や症状などについて医師に詳しく聞きたい人もいると思います。

病院で処方してもらうより料金が安いという事

そういった人は診察をしてもらった方がいいでしょう。ただ、病名や症状が分かればもう、診断する必要はありませんので、その後は通販を利用して薬だけを購入した方がいいでしょう。病院で処方してもらうより、通販で薬を購入する方がトータルの費用の面で言ってもかなりお得です。

3つ目は国内で許可が下りてない睡眠薬も購入する事ができます。海外のジェネリックはとても安く購入できます。国内では入手できない薬も購入できます。費用を少しでも抑えたいという人は通販を利用しましょう。そして通販では、まとめて購入する事で割引などといったサービスを利用すると更に安く購入できるのです。

このように通販を利用する事で費用も抑える事ができ、そして通院する手間も省く事ができます。ここ最近では病院に通院するより、通販を利用して睡眠薬を購入している人が多いようです。便利な事はどんどん利用していった方がいいでしょう。

通販での注意点

通販での注意点

睡眠薬を通販で購入するということはとても便利なことです。しかし注意点がいくつかあります。通販で購入した薬を第三者に譲渡するのは禁止されています。友人に頼まれたり恋人に頼まれたりしても基本的には本人通販を利用しなければなりません。

さらに便利だからこそなのですが、インターネット上には悪質なサイトも多数存在しています。偽物の薬を送りつけたりするサイトもあるので、しっかりと見極める必要があります。

悪徳サイトを見分けるポイントとしては2つあります。まず1つが電話での問い合わせが可能かどうかという点です。悪徳サイトは苦情の電話が殺到することを恐れてなのか、必ず電話での問い合わせができないようになっています。

そして2つ目が、クレジットカード決済が可能かどうかです。クレジットカードで決済ができない通販サイトについては、必ずしも危ないというわけではありませんが、注意した方が賢明です。なぜならクレジットカードで決済ができるサイトというのは、クレジットカードの会社が信頼して決済をできるように提携しているサイトという事でもあります。

クレジットカードの利用ができないというのは、クレジットカードの会社から何かしらの理由で信頼を得ることができないサイトということになりますので、そういったサイトでの購入は控えるようにしましょう。通販サイトはとても便利ですが、利用する際はこういった事を注意して有意義に利用するようにしましょう。

病院の選び方

「近くに不眠症専門の病院がない」「通院するならなるべく近場がいい」という方は、 内科や心療内科、精神科のある病院を問い合わせてみるといいでしょう。数が多くてどこを受診したらよいかわからない時は、病院の口コミを参考にしてみましょう。診ている医師との相性がいいかも判断できるかもしれません。

薬局で買うなら

「病院を受診するのは面倒だし、通販で購入するのもちょっとなぁ」
「けど寝つきが悪いから何とかしたい」

そんな方は薬局でも購入できる睡眠改善薬から初めてみるのはどうでしょうか。睡眠改善薬は睡眠薬・睡眠導入剤とは異なり、寝つきが悪いなど軽い不眠症に対してであれば効果があるようです。(私はなかなかのキャリアなので効きませんでしたが…(苦笑)

2.3回飲んでも効果がでなかったり、症状が悪化してしまう場合は、病院を受診するなど他の方法に切り替えましょう。

入手法は通販か薬局か病院で

睡眠薬・睡眠導入剤の入手方法は病院で医師の診察のもと処方してもらう方法と、海外から取り寄せて購入する方法の2つ。病院で処方してもらう場合は、病院へ行くまでの手間と、診察もあるので診察料も発生しますが、一番早く入手できる手段です。

ほしい薬があると伝えても、その希望が通るかどうかはわかりません。診てもらう医者次第です。通販は、家にいながらネットで購入できるという利便性はありますが、 海外から発送するので5日~14日間前後かかるだろうと目安で注文しなければいけません。

「薬局でも睡眠薬みたいなの置いてあるし、そこで買えばいいか。」
病院は面倒だし、通販はすぐ来ないし、じゃあ薬局でいいか。そう思いませんでしたか?
確かにドリエルなどの医薬品は薬局でも見かけるようになりました。 しかし、薬局に置いてあるものは「睡眠改善薬」といい、寝つきが悪いなどの軽い不眠症状の改善を目的とした医薬品です。

睡眠改善薬は薬局でお手軽に購入することができる反面、病院・通販で購入可能な睡眠薬・睡眠導入剤と比べると重い不眠症状に対しては効果が見込めない医薬品なのです。

通販による購入~到着までの流れ

  

国内で利用する通販と大きな違いというのはありません。購入して商品が届くという流れは基本的には一緒です。商品が発送されてから手元に届くまでの流れと、そのタイミングでのポイントを分かりやすくご紹介していきます。

  

①注文・購入

  

通販サイトで購入する商品をカートに入れ、届け先を入力し、支払方法を選択、最後に入力間違いや届け先が問題ないか確認出来たら注文を確定します。

  

クレジットカードなら、決済確認と商品が確保でき次第発送のメールが配信されます。銀行振込は、支払方法や振り込み番号などが明記されたメールが配信されるので、その支払いが確認出来たのち、発送開始のメールが配信されます。

  

この2つの支払い方法はカード会社や銀行側にて信用調査も行われているので、安心して利用できます。こういう通販サイトは信用が第一なので、購入者の情報をぞんざいに扱うようなことはしません。海外にいる業者から商品が直接配送されてきますが、カードに関する情報は海外の業者に知られないようにしているので安心してください。

  

優良サイトの特徴として、商品詳細や特徴、副作用、服用方法や配合成分などを必ず詳細に記載してあります。もしそういった詳細が分かりにくかったり詳しく記載していない場合は、もしかすると信頼できるサイトとは呼べない可能性があるので注意が必要です。

  

商品代金の支払いについては海外からの郵送となるので、代引きなどはなく銀行振込かクレジットカード決済のいずれかが基本となり先払いになります。代引きが可能で、国内の運送会社で発送している業者については違法である可能性があるので注意しましょう。

  

③発送・税関

  

支払いを済ませると輸入代行業者はすぐに配送手配を開始します。そして最短で1営業日で商品が海外から発送されますが、海外から日本に運ばれる方法は空輸が主です。飛行機での運送になるので、悪天候で飛行機が欠航になったりすると商品の到着が大幅に遅れる場合もあります。

  

無事に商品が日本に到着すると、海外からの製品は医薬品に限らずすべて神奈川県川崎市にある国際交換局という場所を通過します。国際交換局では税関提示などのチェックを受けます。   

一通りチェックを受けると今度は川崎市から日本各地のご指定の住所に郵送されていきます。国内の通販でもサービスとしてありますが、商品が発送された際に追跡番号というものが発行されます。その追跡番号をもとに商品の状況を知ることができるので、心配な人は小まめにチェックしてみましょう。

  

④到着・受取

  

自宅もしくは郵便局留めで商品を受取れば完了です。自宅の場合は通常の荷物の受取りと同様で、郵便局留めの場合は追跡番号をチェックし、商品が郵便局に到着したのを確認した後、身分証を持って郵便局に取りに行けば完了となります。

  

この場合、身分証と商品の宛名が異なっていると受け取れません。郵便局留めで注文する場合は特にですが、身分証をよく確認してから宛先を入力するようにしましょう。婚姻後で身分証を旧姓のままにしていて注文は新しい苗字でしてしまったなど、うっかりトラブルがよくあるようです。

  

また、海外と日本の常識が異なるということは予め理解しておくようにしましょう。サービスに徹底している日本人の意識とは異なり、海外の人は細かなところに気を配りません。商品の配送に使う外側の箱などは日本人から考えるとあり得ないくらい粗末な箱であったりする場合があります。

  

もちろん箱の中身自体は緩衝材が入っていたり、プラスチックケースなどでしっかり守られているので安心です。日本の通販とは異なる点で言えば、発送から到着までに要する日数がアバウトであるということも注意しなければなりません。7日から14日前後とされていますが、6日で届いたり15日かかってしまったりする場合も決して少なくないので、商品を注文する場合は日数に余裕を持って購入しましょう。

通販で買える睡眠薬をピックアップ

  

法律で定められている輸入規制品をのぞいて、海外医薬品の通販サイトでは多くの睡眠薬が取り扱いわれています。一度不眠症で病院を受診した時に処方された医薬品名や、不眠症についてネットで調べた時なんかに見かけたことがある名前もいくつかあるかもしれません。

  

その他にジェネリック医薬品なども取り扱われており、さまざまな種類があります。
なお、「デパス」という医薬品も不眠症改善の医薬品として名前が挙がりますが、この医薬品は薬機法で輸入規制品となったため購入することはできません。

  

病院では処方してもらえますが、依存性が強いことが近年わかってきたのでオススメはしません。サイト内には「デパス」の記載があったりますが取り扱われていないため、代替薬を提案しています。

デパス

デパス

一時期は心療内科や精神科でたくさん処方されていたデパスですが、依存性が高いということがわかり、2016年10月から法の規制により個人輸入が禁止となりました。

精神安定剤とも呼ばれるベンゾジアゼピン系抗不安薬に分類される短時間型の抗不安薬で、睡眠薬として多くの人が利用していたことでしょう。一般的には抗不安薬として使用しますが、不眠症、入眠障害などにも効果的な薬となっています。

デパスは睡眠障害以外にも腰痛、肩こりの解消、けいれんを抑える、胃の不快感、不安、緊張を和らげたりなど様々な症状に効果を示します。いろんな部位に効く=内科や外科でも処方されたので、代替薬を探している人は多いことでしょう。

ルネスタ

ルネスタ

2012年に発売された比較的に新しい睡眠薬で非ベンゾジアゼピン系に属します。アモバンを改良した超短時間型の睡眠薬で、アモバン特有の苦味を抑えた睡眠薬です。アモバン自体も副作用が少ない睡眠薬と言われていましたが、ルネスタはアモバン以上に副作用は軽減された作りとなっています。服用して15~30分程度で効果が出てきます。

ソナタ

ソナタ

非ベンゾジアゼピン系抗不安薬に分類されます。こちらもルネスタ同様に超短時間型の睡眠薬となります。脳の神経に対して働いているGABAを増やす事で、興奮や緊張、不安を抑えます。睡眠導入剤としても使用されます。ソナタを利用した多くの人が睡眠の質を上がったという調査結果もあります。気になる副作用もほとんどなく、不眠症を改善できる、とても安全な薬だともいえます。

セディール

セディール

セディールの有効成分はアザピロン系のタンドスピロンという成分で、抗不安薬として用いられることもあります。有効成分タンドスピロンが脳内のセロトニン受容体に対して作用して、緊張や不安といった状態を緩和してくれる効果があります。翌日の会議を考えると不安、翌日に大事なプレゼンを控えていて緊張などといった神経が高ぶっている状態においては眠りにつけないのです。神経を穏やかにして自然な眠りへと誘ってくれるセディールは寝つきが悪い(入眠障害)人などにおすすめです。